録画機能について

監視カメラから受け取った映像は、DVRがデジタル圧縮することができます。そしてインターネットを通して出先や出先で持っているスマートフォンに映像を送るようにすることができます。またインターネットには、ある定められたデータ量の制限があるので、監視カメラの録画機能が優れたものでも重たいデータは、やはり劣化してしまうことや、映像の一部が抜け落ちてしまうなど、映像自体に何らかの障害が出てしまう場合もあります。さらにあまり重たくなってしまうことで、インターネットを通じて映像が届く時間が、かなり遅くなってしまう場合もありますので、その辺は考慮しておきましょう。

パソコンやスマートフォンで映像を見たい時には、動きがスムーズにいかない場合もありますし、ひどい場合には映像が消えてしまい時間が経たないと出てこないという現象もあります。これが録画に関しての切断となってしまうのです。監視カメラの遠隔監視の問題点は、いくつかの方法で効率よく圧縮していくと、映像を高品質でデータを小さくし、時間がかかることなく遠隔地であるパソコンやスマホに映像を送ることができるので、遠隔で監視している際に大きくかかった負担が軽減されています

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×