CATEGORY / 未分類

録画機能について

監視カメラから受け取った映像は、DVRがデジタル圧縮することができます。そしてインターネットを通して出先や出先で持っているスマートフォンに映像を送るようにすることができます。またインターネットには、ある定められたデータ量の制限があるので、監視カメラの録画機能が優れたものでも重たいデータは、やはり劣化してしまうことや、映像の一部が抜け落ちてしまうなど、映像自体に何らかの障害が出てしまう場合もあります。さらにあまり重たくなってしまうことで、インターネットを通じて映像が届く時間が、かなり遅くなってしまう場合もありますので、その辺は考慮しておきましょう。

パソコンやスマートフォンで映像を見たい時には、動きがスムーズにいかない場合もありますし、ひどい場合には映像が消えてしまい時間が経たないと出てこないという現象もあります。これが録画に関しての切断となってしまうのです。監視カメラの遠隔監視の問題点は、いくつかの方法で効率よく圧縮していくと、映像を高品質でデータを小さくし、時間がかかることなく遠隔地であるパソコンやスマホに映像を送ることができるので、遠隔で監視している際に大きくかかった負担が軽減されています

さまざまな機能について

監視カメラの画質は現在では、さらに多きく向上しています。また映像のデータもかなりに重くなったとしても、監視カメラで写した映像を圧縮することで映像を極端に小さくすることができます。録画機能の圧縮を使えば普通の状態で録画するよりもさらに長時間録画できるようになっています。そして再生するときは、圧縮して録画していても元々の高画質で鮮明に映像をみることが可能になっています。現在では、監視カメラのシステムでは録画装置に関しては、機能としてついている圧縮方式を使ったものが多く使われていますし、効率よく録画できることで評価も高いです。また、圧縮機能に関してもいくつかランクがありますので使用のしかたや録画期間などを考えたうえで利用することが必要です。

ランクが一番下のものでも品質的には他のランクのものとは、それほど大きな差はないと考えられます。監視カメラの録画機能は、さまざまなものがついていますし使い方などでも機能を重視しながら取り付けることが大切となります。現在では多くの監視カメラを使う場合には、機能としてついている遠隔監視を併用することが主流となっていますが、遠隔監視の機能についてもさまざまな操作ができるような多機能型のものもあります。

監視カメラについて

監視カメラの種類は、数多くありますしその録画機能についても、いろいろなタイプのものがあります。監視カメラについては、モニターを見ながら監視することや、遠隔操作といって、直接ではなくパソコンやスマートフォンで遠くに居ても操作ができるものが重視されています。その中で録画機能にかんして、有線をつかって録画の装置に撮られている映像が送られていき、その画像が保存されていきます。昔は、録画機能に関しては防犯カメラの映像をビデオテープに記録していく形をとっていましたが、このような録画方法に関しては、画質が悪いことや映像うつる動きが滑らかでない場合があり、さらには録画時間が短いなどの問題もありました。

また定期的にビデオテープを交換しなければいけないことで、非常に手間がかかるものでした。しかし現在では、防犯カメラで録画した映像をハードディスクに取り込むことで、録画時間も長くなり、何よりも映像が鮮明に残ることで利用価値が高くなっています。また、ハードディスクにも容量はありますが、容量がいっぱいになると自動的に最初の映像が消されていく仕組みになっていますので、半永久的に録画が可能になります。このため、効率が以前よりも大幅に上げられるようになりました。監視カメラの録画機能に関してはこの映像の質や録画時間などを主に視点を置き改善されています。監視カメラの録画機能は、録画時間がおよそ3か月程度は収録可能となっています。

loading
×