監視カメラについて

監視カメラの種類は、数多くありますしその録画機能についても、いろいろなタイプのものがあります。監視カメラについては、モニターを見ながら監視することや、遠隔操作といって、直接ではなくパソコンやスマートフォンで遠くに居ても操作ができるものが重視されています。その中で録画機能にかんして、有線をつかって録画の装置に撮られている映像が送られていき、その画像が保存されていきます。昔は、録画機能に関しては防犯カメラの映像をビデオテープに記録していく形をとっていましたが、このような録画方法に関しては、画質が悪いことや映像うつる動きが滑らかでない場合があり、さらには録画時間が短いなどの問題もありました。

また定期的にビデオテープを交換しなければいけないことで、非常に手間がかかるものでした。しかし現在では、防犯カメラで録画した映像をハードディスクに取り込むことで、録画時間も長くなり、何よりも映像が鮮明に残ることで利用価値が高くなっています。また、ハードディスクにも容量はありますが、容量がいっぱいになると自動的に最初の映像が消されていく仕組みになっていますので、半永久的に録画が可能になります。このため、効率が以前よりも大幅に上げられるようになりました。監視カメラの録画機能に関してはこの映像の質や録画時間などを主に視点を置き改善されています。監視カメラの録画機能は、録画時間がおよそ3か月程度は収録可能となっています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×